落款印・蔵書印

落款印

落款とは、「落成款識(らくせい-かんし)」の略で、書道や絵画が完成した時、筆者が署名・捺印すること。「款」は陰刻、「識」は陽刻の銘を示します。作品に落款印を押すのは、自己の真実を尽くした責任の証明と作品を引き立たせる役割があります。
標準としては、関防印・白文印・朱文印の三つの印「三顆印(さんかいん)」を捺印しますが、作品によって一顆にしたり二顆にしたりと使い分ける方が好ましいでしょう。

関防印
(かんぼういん)
引首印とも呼ばれる長方形の印。作品の右肩に書き初めのしるしとして、又は飾りとして、作品の締まりを良くするために押します。印文は、詩句・熟語(季節に障りのない語句)、おめでたい言葉や自戒の語などがよく使われます。白文・朱文いずれでもよい。
白文印
(はくぶんいん)
氏名印。姓名を彫刻します。布字(字入れ)の都合によって「印」の字を加えてもよい。姓のみの印は用いない。
朱文印
(しゅぶんいん)
雅号印。雅号を彫刻、雅号を持っていない場合は名を彫刻します。

蔵書印

書物等の蔵書に使用されるもので所有者をあらわすためのものです。

発注書ダウンロード