印材

柘(ツゲ)

ツゲ科の低灌木の木材で国産の高品質のものを「柘」(ツゲ)と呼びます。このツゲは昔から日本人によく利用されてきた木材ですが、最近では森林資源不足で、ツゲによく似たアカネ科の木材が輸入されるなど状況も変化。今や御蔵島や薩摩などの産地名を冠したブランドツゲが珍重されています。ツゲは固くて加工性に優れている為、木材の中では最も印章に適していることから使用されています。

黒水牛

アジアに生息する水牛の角を加工した「黒水牛」と呼ばれるもので、濡れたような漆黒の光沢が特徴。角の中心部分は密度が高く、反りや割れに強いので、「芯持ち」として珍重されています。当店で取り扱う印材はこの「芯持ち」を使用しております。

牛角白

世界中に分布する陸牛の角を加工した飴色のハンコ。ブチ模様が少なくて、純白や黄色に近いものが貴重とされています。また、水牛黒と同じく「芯持ち」印材が最高級品と言われています。

象牙

職人は象牙の注文あると襟を正してから彫る、と言われるほど高級の素材。象牙は耐久性や耐摩耗性が高く彫刻のしやすさ、手触りや捺したときの鮮明さにも優れ、ハンコに最適な素材と言えます。そのため、象牙こそ「ハンコの王様」と呼ばれているわけです。美しい質感も人気の秘密で、使い込むほどに出てくる光沢と色味は、永年の愛着になります。 現在、国内で流通しているものは輸入禁止以前の在庫か、一時的に解禁された際の合法的なもので、日本政府の認定シールが付いています。

象牙認定シール
政府認定シール
↓画像をクリックすると印材画像が見れます
黒水牛
柘 黒水牛
牛角白 象牙
牛角白 象牙

発注書ダウンロード