法人印

個人が印鑑登録をするように、法人も代表者印を法務局に登録しなければなりません。印鑑証明書が発行されるのも個人と同じです。この代表印に、社印(角印)、銀行印、割印を加えた4本を、法人印といいます。

会社印

代表者印

会社設立において登記を行う際、無くてはならないものであり、社会的信用を証明する印章。個人の場合と同じく印鑑証明書が発行されることから、一般に実印と呼ばれます。

代表者印

銀行印

代表印と形状は同じ様な形のもので、会社・団体の財産を金融機関に預け入れるために使用する届出の印章です。

銀行印

社印 (角印)

会社印(角印)ともいい、会社・団体の象徴を表し、契約書・領収書など、一般的な文書に使用します。

割印

重要書類・株券等、契約時にふたつの書類にまたがって捺印する印章で、見積り・入札等証拠として残すために使用します。

※価格はすべてお彫りする文字数によっ異なります。

発注書ダウンロード